関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
29日 21時
2009/01/29  
08:56 M4.3 50km 千葉県北東部 (35.7N 140.7E)
09:05 M3.9 60km 千葉県北東部 (35.7N 140.7E)
13時~16時 基線低下
17:57 10、8、15、5、50、15、50、極限値、
      50、5、7、20

今朝、千葉県北部で上記の連続地震が在りました。
コノ間、24日にふと?当観測の開始頃の話題をしましたが、
当時コノ千葉県北部での対応が2個?確認出来たのがキッカケで
当観測が今まで続く事に成ったと言う話でした。

偶然かもですが、何か気に成り?当時のデータを暫くぶりに
チェックしてみたら、意外な事が分かってきました。
2005年3月28日から観測を始めたのですが、当初は
軽い気持ちだったので、電磁波計を机の右前に置いての目視に
依る観測でしたので、今から考えれば可也アバウトでした。
半月ほどで意外な相関が観えて来ましたから?直ぐに、メカに
詳しい共同開発者に、パソコンの力を使ったモニターシステムを
開発して貰い、同年5月9日から自動モニターが稼動しました。
しかし、その後も各種の調整が必要になり、システムが安定する
までには、更に1年ほどの時間がかかりました。

少し話が逸れましたが、結局ソノ頃のデータは書いた記録ノミ
だと言うことです。 システムが安定してきた2006年以降の
データは全て動画で残っていますので、今でも確認・検証を繰り
返す事が出来、再確認から意外な事実を見つける事も在ります。
結果、あまり見直す事も無かった時期だったのですが、今日あら
ためて見直してみたら、予想外のパターンが観えて来てしまい
正直ビックリしております、ホント。

元データが無いので、再確認が出来ないのが難点ですが、記録からは
ナント!千葉県北部の前兆が、南方パターンと同じ形をしているのです。
南方パターンは2007年頃、当時、PCに在ったデータを幾度と無く
見直す作業の中から発見したのですが、結果は、初期の頃のデータを
全く見逃して居た事に、なったわけです。
24日に書いた当時の記録を再評価すれば、ナント、7日~発生前日
10日までの、4日間に南方パターンが3回も確認できました。
目視の追随性の悪さと、そもそもズットメータを凝視していない問題も
考えると、記録自体が全体の一部の可能性がアリ、正確にはもっと
南方パターンが多かった可能性も有ります。

まだ検証も足りないので暫定ですが、昨日の南方パターンが
今日の上記2地震の前兆だった可能性が十分に考えられます。
コノ南関東の場合、近傍増幅が考えられ、本来の南方パターンよりも
実数に対して、その規模が2周りほど小さめの方が妥当ト思われます。

此の為、今日の南方パターンが南関東の可能性があり、ソノ場合は
 今後2~3日前後に、千葉県付近でのM5前後が想定されます。
そうでない場合は、昨日の想定がそのまま延長で問題無いト思われます。
※ 南方パターンとして近傍・遠方の違いが、今現在一点観測の限界で
切り分け不能ですから、両者の想定はホボ同率の可能性としか...?



スポンサーサイト
▲TOP

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。