関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

10日 15時
8日 (金) 基線上昇18日目
09:13 M3.4 92km 埼玉県東部 (東京都板橋区蓮根1丁目付近?)
12:57 M4.5 40km 東京都多摩東部 (35.7N 139.5E)
15:37 M6.0 10km (140 km Tenggara PagaiSelatanMentawai-Sumbar)
       *BMG インドネシア気象庁
11:52 5、7、11、最大x3
11:53 8x3、7、8、6、5、7x2、6、4x5、6、3.5、4.5、6
9日 (土) 基線上昇19日目
00時53分 M5.2 60km 青森県東方沖 ( 北緯41.1°、東経142.3°)
20時54分 M4.8 10km 沖縄本島近海 ( 北緯26.5°、東経128.8°)
15:33 3、5、6、4x2、15、10、20、10、15
10日 (日) 15時現在
    *基線上昇無し*

大きな磁場変動が連続19日、昨日で終わったヨウです。
過去例から云えば2~3日以内(遅くても一週間前後)に、ソノ対応が
有ると思います。 19日という長いスパンがドンナ規模を孕むのか?
想像したくありませんが、ソノ経過には十分な注意が必要かと考えます。

特に8日に、計測限界を超える値が3度も出ている点が気懸かりでして、
此の所、毎日のように現れている、南方パターンが関東圏の前兆としての
性格を持って居る様にも見える点がアリ?、場合に拠っては関東が激しく
揺れる可能性が出てきました。
何れにしても、5月10日から始まった基線変動、その2日後にアノ
四川大地震が発生しましたが、其の後の変動の節目節目に大きな地震が
発生して来た事実からも、今回の長期変動が一旦収束した現実や如何に?

改めて今後一週間ほど、南方方面( フィリピン・インドネシア・
南太平洋・中国・台湾付近 )、関東圏周辺域・若しくは
ソノ隣接地域にて、マグニチュード7~8前後を想定します。
【あくまで、過去例無しの実験的考察です。】




▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/204-a2bc8cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: