関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
15日 17時
2009/06/13(土)
00:24 M3.6 309km 浜名湖付近
06:21 M3.7 30km 茨城県沖 (36.8N 141.2E)
2009/06/14
14:42 M3.2 73km 房総半島南方はるか沖
14:58 M6.1 50km MINDANAO, PHILIPPINES
13時半~15時 雷の為システム停止
16時  ~18時 雷の為システム停止
2009/06/15
14:16 M3.6 150km 八丈島近海
15:40 M4.3 50km 宮古島近海( 北緯24.9度、東経125.4度)

今遠くで今日も雷鳴が轟いています。 昨日は都合3回も雷様が
(当地、埼玉県北部では雷の事を昔からコウ呼びます?)来ました。
カミナリ自体は稲妻のイメージからは似つかわしくナイ?緩い記録で、
パルスを計測しませんから本データと紛らわしくナイので、問題無い
のですが、近くに落ちた場合の衝撃でTFメーターやPCを破壊する事が
心配で、観測システムを停めざるをえません。(データ欠測が増えます)
 そんなこんなで?去年はドウだったのか気に成り、今日は暫くぶりに
去年の1月から現在まで、約1年半あまりの観測記録を概観してみました。
如何しても目先の現象に追い立てられて仕舞いがちで、大局観はナカナカ
持てない物ですが、現在の状態はカナリ異常な状態で有る事が判りました。
先月中ごろから現在までの約一ヶ月の状態は、ある意味、途轍もなく
静かな状態にアル様です。  前兆が殆ど無い状態が此れだけ長く
続いた事は此れまでも全然無く、現状はドウも初めての事態の様です。
過去例も無く、確定的な判断は難しいのですが、もしかすると?ですが
本観測がフォローする(関東を中心に半径5千キロ前後?)エリア内で
大規模な静穏現象が起きているのかも知れません・・・(軽く要警戒?)













▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/302-f980e8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。