関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

15日 16:35
2009/09/10
00:22 M4.1 40km 茨城県沖 (36.7N 141.1E)
05:24 M3.4 40km 茨城県沖 (36.4N 141.0E)
11:46 M5.9 58km KURIL ISLANDS (48.292°N,154.224°E)
11:49 M5.1 148km 日本海西部
13:09 M3.9 30km 千葉県東方沖 (35.6N 141.2E)
2009/09/12
05:57 M5.2 77km 硫黄島 (23.632°N,142.192°E)
15:51 M3.9 40km 茨城県沖 (36.4N 141.2E)
14~20時 基線低下
2009/09/13(日)
22:56 M3.8 70km 千葉県北西部 (35.8N 140.2E)
6~20時 基線低下
2009/09/14
11:38 M4.0 61km 八丈島東方沖
夕方?~20時 基線低下
2009/09/15
01:07 M3.6 10km 静岡県東部 (35.3N 138.9E)
6~現在 基線低下

7日に終わった今回の基線低下、第二波が未だ確認されていない中
12日から、次の基線低下?が始まってしまい、経過を観て来ました。
昨日が多少不安定ですが、今日まで4日続いてオリ?非常に悩ましい
展開と成って来ました。 
確かに、今回の基線低下は過去2回(26日・20日)に比べて
僅か9日と?期間が短かったのが少し気には成っていました。
そこで、この8日~11日、4日間の無観測を一時休止とミナス
(過去2回も1~2日の途切れは在りました)と?期間的にも
整合性が取れて来ますので?、暫定ですが、
今回の基線低下は、今も継続して居るとする立場に変更します。
結果、9日の二つの想定は、継続中の基線低下が終わった時点で
改めて、時期の後方移動が中心ですが、再考察したいと思います。



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/326-cdf78286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: