関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
20日 22時
2009/09/17
13:38 M5.1 10km 北海道東方沖
18:33 M3.5 118km 茨城県南部
2009/09/18
04:03 M3.7 387km 紀伊半島南東沖
2009/09/19
07:19 M4.2 423km 兵庫県南東部
2009/09/20 (日)
01:12 M4.7 367km 東海地方南方はるか沖
10:32 M4.7 297km 宗谷地方

17~18日の二日間、埼玉県南東部観測点にて、著しく顕著で
波状的な?基線の変動(ココでは初めての検知)を観測しました。
今日、午前11時台にも、ホボ40分間に渡る変動が在りました。
当該観測点での全く前例の無い、異常なデータをドウ評価するか
非常に悩ましい事態と成り・・・・・・正直、マイリマシタ、ハイ?!?
以前も書きましたが、当該観測点は、周囲を、半径数キロの円周状に
巨大な地下コンクリート構造物に囲まれ、殆んどの方向が、電磁的に
塞がれて居るので、ホボ全方位の前兆は検知が難しいと観ています。
だからこそ、埼玉県南東部と東京湾北部周辺域の局所的地下変動を
ピンポイントで検知する事が、可能なのではないかと考えて来ました。
過去例が在りませんから、その変動量からのマグニチュード推定も
簡単には出来ませんが、当北西部観測点の持つパターンから暫定的に
想定すれば、M6前後の推定は難しくはナイと思われる事態です?
さらに、北西部観測点が記録して来た長期静穏現象が連動するカモ・・・

この様に、非常に難儀な南東部観測点の前兆データですが、看過出来ない
非常に危険な要素が含まれる以上、ココは敢てリスクを取るべしト考えます!
確度に拘って?最悪の事態に皆さんが巻き込まれない事を願う立場を取ります。
【重要】 【敢て仮説を考慮し?最悪に備る立場から・・・】
今後一週間前後以内に関東圏及び周辺域(特に、東京湾北部か
湾南部・神奈川県以南周辺域?)にて、M7前後を想定します。
※もしもの警戒を、改めて再確認する事が正解かと考えます。




▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/328-f99aed16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。