関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

23日 12:45
2009/10/22
基線低下 (19日目)
※22~24時 22時半をピークに基線上昇?
2009/10/23
09:49 2、3、5
10:28 M5.0 40km 茨城県沖 (北緯36.6度、東経141.2度)
基線低下 (20日目)

昨夜半に起きた、基線低下の奇異な変動について整理し始めて居たら、
行き成り、先程10時半前に、久々の体感?M5がグラット来ました。
今日も基線低下状態ですが、過去例からも、恐らく今日明日にも
コノ現象(4回目の基線低下)は終わると観ています。
其の終了間際に?(それ自体が磁場に大きな変動を起こしますが)
2~3時間のピンポイントで、大きな反対方向の磁場変動が
何処かに加えられた様な?基線変動が、昨夜(※)発生しました。
更に、今朝のM5.0の40分前に、南方パターンも発生しました。

前回の南方パターンの結果が出ない内に、次の南方パターン、更に
ピンポイントの磁場変動?、更には本来の基線低下が終わる衝撃?ト
当該観測のエリア内には、途方も無い衝撃が発生し続ける可能姓が
高いと思われます。
未知の現象(※)も在り、過去例がそのまま参考に成りませんから
確度は何ともですが、こんな時こそ、最悪を想定して措かないと、
マサカの事態に?ただタダ翻弄されるだけト成ってしまいます。

当観測始まって以来の強い磁場変動が(上記理由から?)
関東圏及び東海方面に(南東部観測点のデータ等から?)
加わって居る可能性が?看過できません。
何度も云いますが、あくまでもマサカの場合に備えるト云う事です。

今後、月末前後までに、関東圏・東海方面?、南方方面(中国・台湾
インドネシア~南太平洋)、若しくはソノ近辺にて、
M7~8前後を複数?想定します。



▲TOP
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/24 18:00】 | # [ 編集]


またまた、あたってるじゃないですか。
主様の予兆観測って、もっと世に知られるべきですよ。
【2009/10/25 21:13】 URL | #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/343-702cc713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: