関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

3月23日 20時半
2010/03/20
06:19 M2.9 95km 房総半島南東沖
23:00 M6.6 416km NEW IRELAND REGION, PAPUA NEW GUINEA
基線低下 (0?、6日目)
2010/03/21(日)
13:20 M3.9 10km 和歌山県北部(北緯34.0度、東経135.2度)
18:57 M3.1 173km 山梨県中部
基線低下 (0?、7日目)
2010/03/22
基線低下 (0?、8日目)
2010/03/23
00:10 M3.9 60km 千葉県北東部(35.5N 140.3E) 震度1千葉県茂原市道表
01:37 M2.9 253km 富山県
04:58 M5.9 43km フィリピン・ルソン島
05:02 M4.7 371km 長野県北部
06:46 M4.4 160km 択捉島付近(北緯44.7度、東経147.3度)

横浜の会社経営者さん、皆さん
何時も当ブログを観て頂き感謝です。
此の所は、前兆としての電磁波に?アマリ動きが在りません。
基線低下が静かに進行し、20日には前回推定の1つと思われる?
パプアニューギニアで大深度416km、M6.6が発生しています。
ソノ関連か?今日の、富山と長野での大深度は少し気に成ってます?
残念ながら、ご指摘の二つの事象(南海トラフや行徳グラフの動き)
に対して、普段から全くウオッチして居りません。
当観測は、電磁波の変動と地震発生との相関を継続観測する事で、
前兆変動の中から有意なパターンを見つけ、其れを地震発生の予測に
応用する事に、全力を注いで居ります。
コレに徹する事で、予断を持つ事無く淡々と進めていけるし、自分で
言うのも何ですが?可なりの予測に…成功していると思って居ます。
感覚的には、巷間言われている様な地震の常識?では説明の付かない
因果関係が在るように思えています。 常識の非常識はある種の罠かと?
あくまで素人考えですが、巷には、尤もらしく色々と、地震に関しての
溢れるバカリの情報が流布されて居ますが、それらが本当に正鵠を得て
いるのなら?予測が出来ないワケがないハズです…実際はドウでしょう?
磁場変動からある種のリズム(パターン)を見つけて結果(地震)が
読めれば、本来の目的である、沢山の人が助かる事が実現できますし
其れ以上でも以下でもナイと思って居ます。
只、一個人の限界から来る観測体制の不備は如何ともし難い状態です…


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/403-77a05fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: