関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2月2日 21時
image001_convert_20120202204809.gif
2012/02/01
9~10時 基線上昇、0.8?
10~14時 基線上昇、0.6?
2012/02/02
02:01 M3.9 60km 茨城県北部(36.5N 140.6E)
9~13時 基線上昇、0.5?

グラフは、南東部観測点に於ける、日別変動積算時間(20時現在)です。
12月18日から31日の変動が、元旦に収束して、鳥島近海M7.0に
繋がったと観ています。
現下の変動は4日から始まりまして、現在もTOPを下げながら収束点に
向かって居る過程と?観ています。

最近何度か、最悪今日かも?と更新したのは、未明から朝方に架けて
急速に観測が、収束気味に成る日が在ったからです。
そのまま、収束しますと、元旦のデータが示すように、変動の終わりを
告げて、即、当日に発震してしまう可能性がアリ
少しでも発震より前に警告をとの想いで、ブログを更新した次第です。
ツマリ、其の日の収束を24時を待って、確定してからでは
最悪、事が起きてしまった、マサニ後の祭りと成ってしまうからです。

グラフを観て頂くと判りやすいと思いますが、12月の変動と今年の
変動では、其の積算レベルの高さと長さが、半端ナイ事がお判り
頂けるでしょう。
勿論、何度も云いますが、此の観測点は、有意なデータが殆んど
有りませんし、11月18日以降の変動も、マサニ此れから
其の対応を確認していく段階です。

其の上で、到底、看過する訳には行かない此の大きなデータを
マサニ最悪に備える観点からだけでも、
可能な限りの推定を、続けて行かなければ成らないと考えます。

当たらぬか如何かなど、考えて遣ってる訳では有りません。
あくまで、南東部のデータと北西部で実践して来た実績に基ずく
経験則、ソコから引っ張り出せる可能性、其れを出すだけです?
其れ以上でも、其れ以下でも無い事をご理解ください。

此のグラフから整理すると、現下の変動の(1月3日~)
TOPを結んだ傾向線は、後7日前後でホボ収束してしまう様です。
但し、今回の変動は北西部観測点でも過去例が無い?大きな変動ですから、
正直、如何成るのか、皆目判らないト云った方が良いのかも知れません?

【あくまで、万が一、念の為ですが、最悪に備えてください】
今後、8日前後までに(グラフの山を結んだ傾向線の収束から?)、
南東部観測点での変動から、東京都・千葉県周辺域にて?
 M8前後を想定します。

【北西部に出ている南方パターンや基線変動については、
  上記の状況を最優先として、今回も割愛します。】

P.S. 皆さん 決意などのコメント 本当にありがとうございます。
   個別の返答は観測や解析に追われてますのでご容赦ください。
   ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。

▲TOP
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/02/03 04:24】 | # [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/642-cc7459f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。