関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2月28日 20:30
image0228.gif
2012/02/28
02:47 M4.1 120km 千葉県南部(北緯35.2度、東経140.1度)
14:20 M5.1 20km 茨城県沖(36.6N 141.0E) 震度4茨城県水戸市千波町

南東部観測点に於いて、現下変動が記録したファイルは10万件以上と、
此の膨大なデータの処理が大きなネックと成って来ました。
当北西部観測点に於ける7年弱のデータよりも遥かに多く
本来一個一個のデータを検証して行くモノですが
全く無理な状況です。

そんな中、色々試行錯誤して行くうちに、前回もお伝えしましたが
10~15時の変動が、如何も有意性が高いのではと判断しました。
そこで、急遽、南東部観測者さんに大変無理をお願いして、
昨日から夕方まで、只ヒタスラ?
膨大なファイルからデータ抜き出して積算すると云う、
大変な作業をして頂きました、ホントにご苦労様でした。
その結果が↑上図と成ります。

暫定ですが、「ブレ変動」見做しで推定して行きます。
此の変動は、変動を積算して行くだけで、その間の前兆期間を示す
情報を全く持たないパターンです。
経過日数が多くなりますと当然、積算が進み・・・推定Mも大きくなります。
ブレ変動の積算は、今現在、M6台までは実証されて居ますが、
当該地域では未だM7台が発生してなく、
M7以上までの推定式が有効なのか如何か、未検証と成ります。

あくまでも暫定ですが、現下の変動を「ブレ変動」見做しで
此の前兆期間の変動を此の推定式で計算して観ますと、
大よそですがM9が出てきます。
仮に、更に前兆が延びますと?もっと巨大なMに成ってしまいますが・・・

何れにしましても、此の変動パターンは発生タイミングを計る術が
有りませんから、何時発震しても良い覚悟が求められます。
先ずは、北西部の広域トリガーからの危険日である?
3月1日前後に警戒して頂きたいと思います。

【現下の想定に厳重警戒をお願いします。】
基線(↑↓↑)変動15日収束から?3月1日前後までに
関東圏を中心とした、半径2万キロ圏内にて
M7~8前後を想定します。

【上記↑広域トリガーの強い影響下にもアルので?】
【あくまで、万が一、念の為ですが、最悪に備えてください】
3月1日前後に(原則周期無しパターン故、後は時期不定?)、
南東部観測点での変動から、東京都・千葉県周辺域にて?
 M9?前後を想定します。

P.S. 皆さん 貴重な情報やコメント、お気遣い ありがとうございます。
   ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。

▲TOP
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/02/28 23:04】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/29 09:57】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/03/01 21:59】 | # [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/649-07017305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。