関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

8月13日 6時
 9日(木)3ミリ未満2回
10日(金)全く検知無し
11日(土)  〃
12日(日)  〃
8日の19回をピークとして、2日に始まった低レベルでの
過去に例の無い、顕著な前兆が収束し、3日が経過しました。

7月26日からの一連の「低レベルでの顕著前兆」実験予測は
「規模減衰みなし」と「複数前兆みなし」を前提に、経過を
見てきました。

しっかりと3日間、完全静穏の状態ですから、何某かの地震が
起きる直前と考えられ、再度、現状分析をやり直して見ました。

ソウした処、先ず、同時に複数回データを検知したケースが4個
有りますが、それらは既に対応地震が発生して(当然4個の地震)、
完結していると判断した方が問題ないと判りました。

結果的に、未だ対応が無いと思われる前兆は、今、当に収束して
いる2日~8日の、連日続いた「低レベルでの顕著前兆」だけと
云う事になりました。

今回は埼玉県北西部観測点一ヶ所のみで、アル意味、何処から
来るのか(方向)?ドンだけ飛んでくるのか(距離)?判らない
電磁波から、どんな地震のサインなのか?読み取るしかない様です。
(頼りの南東部観測点が殆ど検知無しの状態?)

過去例としては、2005年6月1日に発生した東京湾群発地震の
ケースが近いと思われますが、顕著≒群発の意味や如何に?
この時は、前兆8日間、静穏5日間で対応地震が発生しました。

念のため、当該地域(関東圏もしくは新潟方面、及びその近辺)
の方は、これから3日前後、マグニチュード5~6前後の地震に
ご注意ください。(過去例1ケースからの推定と成ります。)


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/69-7007c467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: