関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
4月21日 14:15
2013/04/19
05:00 M3.6 80km 茨城県南部(36.1N 139.8E)
12:06 M7.0 10km 千島列島(46.2N 150.9E) 震度4北海道標津町北2条
23:11 M4.7 10km 千葉県東方沖(35.7N 140.9E) 震度4銚子市若宮町
2013/04/20
00:48 M4.0 50km 長野県南部(35.2N 137.6E)※愛知との県境
09:02 M6.9 16km WESTERN SICHUAN, CHINA ※四川省雅安市
--------------------
10~19時 基線低下(0.1、1日目)
2013/04/21
10:28 M4.1 40km 茨城県沖(36.6N 141.1E)
12:23 M6.7 450km 鳥島近海(29.9N 139.6E)

更に不味い流れかもです?
前兆に更新が追いつかない状況です。
昨日↑強い基線低下(判りやすく云えば3.11前の基線低下と同じ)
が終日発生しました。
当時は此れの9日連続目にアノ巨大地震が発生しましたので
今日2日目も続くか如何か観て居ましたら、
先程、お昼に当地でも揺れた↑鳥島近海M6.7が動きました。
基線低下変動は中2日の停止後に変動が再開すれば
経験則から連続変動と見做せるので、23日の動き次第ですが、
何れにしても大変な変動が重なって推移している事は間違い無いようです。
基線変動は全方位の広域前兆ですから危険な地域が拡大しますし
南方パターン域は特にダブルトリガーですから更に危険と成ります。
其の第一弾が今日のM6.7と云う事と考えられます。

【火山活動の可能性も含め、あくまで念の為、最悪に備えてください】
5月中旬頃までに(ダブルトリガーから更に前兆が加わるかも?)
関東圏を中心とした、東北から東海までの地域にて?
(最大、関東圏を中心とした、半径2万キロ圏内?)
 M7~8前後を想定します。

P.S.  コウタさん guskyさん raijinさん コメント有難うございます。
     想像を超える事態が今起きて居るのかも知れません
    ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/711-b1312185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。