関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
5月24日 16:45
2013/05/19 (日)
6~14時 基線上昇、0.6前後
2013/05/20
18:49 M6.5 10km Off the coast of Aisen, Chile
2013/05/21
10:04 M5.1 42km 本州北部東方はるか沖
17:26 M5.9 10km 石垣島近海(23.2N 123.8E)
20:25 M4.5 10km 栃木県北部(36.9N 139.4E)
2013/05/22
8~9時 基線低下(0.1、1日目)
2013/05/24
02:19 M7.4 210km フィジー諸島南方(23.1S 176.6W)
06:07 M6.6 103km Tonga (20.561S 175.730W)
09:14 M3.6 70km 栃木県南部(36.4N 139.9E)
09:25 M4.1 30km 茨城県沖(36.0N 141.1E)
14:47 M8.2 590km サハリン近海(54.7N 153.4E)

19日に基線上昇を記録しましたので、前回更新の前兆は
15~19日に亘る、5日間の基線変動だった事に成ります。
更には、22日に↑、3.11前に現れたのとホボ同じ程度の
基線低下が記録されて居ます。
警戒規模が前回更新と同程度でしたから直ぐ更新しませんでしたが
今日の遠方3発、M7.4・M6.6・M8.2は
今回の基線上昇トリガーが働く中、新たに加わった
22日の基線低下に鋭く対応したモノと思われます。
タイプの全く違う前兆変動が重なると云う
現下の展開は想像以上に大きい地殻変動を起こして居る様です。
経験則からは変化日から、目先ですが、3日目前後が危険日なのですが
2日目に此れだけ動いて居ますので?
明日25日は、更に大きく動き易い日と成ります。
基線低下変動は、広域前兆ですが、何故か?
国内の動きに連動し易い傾向が在りますので
一層の警戒が肝心と考えます。

【火山活動の可能性も含め、あくまで念の為、最悪に備えてください】
【経験則から?目先、25日前後、関東圏及び周辺域 (国内)】
5月31日前後までに(前回のトリガー+今回の強い基線低下から?)
関東圏を中心とした、東北から東海までの地域にて?
(最大、関東圏を中心とした、半径2万キロ圏内?)
 M7~8前後を想定します。

P.S.  想像を超える事態が今起きて居るのかも知れません
    ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/716-58e84347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。