関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

7月18日 15:45
2013/07/03
00:38 M3.5 0km 茨城県北部(36.7N 140.6E)
18:20 M3.6 30km 伊豆大島近海(35.0N 139.5E)
--------------------
10~19時 0.5~0.8前後、ブレ?
2013/07/04
00:06 M4.9 20km 福島県沖(37.2N 141.6E)
2013/07/05
02:16 M6.2 10km Papua New Guinea
06:01 M3.9 40km 房総半島南方沖(34.5N 140.0E)
--------------------
11~17時 0.5~0.8前後、ブレ?
2013/07/06 (土)
07:00 M4.7 30km 千葉県東方沖(35.8N 141.1E)
14:39 M3.5 10km 栃木県南部(36.6N 139.5E)
--------------------
10~20時 基線上昇、1mG
2013/07/07
10:51 M4.2 30km 千葉県東方沖(35.8N 141.1E)
--------------------
13~16時 0.5~0.8前後、ブレ?
16時 雷、システムダウン
2013/07/08
03:36 M7.3 379km ソロモン諸島北方(3.939°S 153.882°E)
05:30 M6.6 44km Papua New Guinea(6.016°S 149.721°E)
--------------------
10~19時 基線上昇、1mG
2013/07/09
9~19時 基線上昇、1mG
2013/07/10
00:21 M3.9 10km 相模湾(35.1N 139.1E) 震度4神奈川県湯河原町中央
14:22 M5.0 80km 岩手県沿岸北部(39.6N 141.6E) 震度4岩手県宮古市
17:58 鹿児島・桜島の昭和火口(標高約800メートル)で爆発的噴火
    噴煙3400メートルに上昇 観測史上3番目
--------------------
8時半~16時 基線上昇、1mG
16:15~17時 雷、システムダウン
2013/07/11
09:14 M5.3 34km Izu Islands, Japan region
--------------------
9~18時 基線上昇、1mG
18時 雷、システムダウン
2013/07/12
00:12 M3.7 50km 茨城県南部(36.2N 140.1E)
03:18 M3.7 10km 茨城県北部(36.8N 140.6E)
--------------------
10~18時 基線上昇、1mG
2013/07/13 (土)
10~18時 基線上昇、1mG
2013/07/14
11~20時 基線上昇、0.9前後
2013/07/15
01:07 M4.1 70km 千葉県南東沖(34.9N 140.0E)
23:03 M7.3 31km South Sandwich Island
--------------------
9~18時 基線上昇、0.9前後
2013/07/16
10:44 M3.9 50km 福島県浜通り(37.1N 140.9E)
--------------------
10~17時 基線上昇、0.9前後
2013/07/17
07:12 M4.0 155km 相模湾 又はその周辺
22:34 M3.9 20km 山梨県東部・富士五湖(35.5N 139.0E)
2013/07/18
11~15時 基線上昇、0.9前後

暑い夏、地獄の夏、其れとも・・・
兎も角暑いですね、只今、目の前の温度計が33℃です。
電磁波計への影響を考え、観測時間帯には原則エアコンを入れませんから
此の夏の暑さは本当に堪えます。
此の間の10日など、36℃でしたから、頭がクラクラして来まして
熱中症で倒れるかと思いました。
パルス以外の殆どの前兆変動が目視確認するしか手が無いですから
毎度ながら?夏の観測はホントにキツイですね・・・

未だ途中ですが、2010年からの変動データを見直して居ます。
膨大なデータですので其の解析には途方も無い時間が掛かりますし
ソウでなくとも此の暑さでボーットしてますから?中々進みませんが、
どうも現下の変動の割りに、地殻変動が其れ相応に対応して居ないト
云える事が、先ずは大変気懸かりなポイントです。
当に「嵐の前の静けさ」現象が起きて居る可能性が高いです。

解析半ばですが、非常に強い基線上昇も継続して居ますので
広域にて、M7前後が何時起きても可笑しくない状況ですから
あくまでも念の為ですが、真坂の最悪に備えてください。

P.S.  きぬへいさん りょうこさん コメント有難うございます。
    想像を超える事態が今起きて居るのかも知れません
    ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。


▲TOP
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/07/23 12:21】 | # [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/721-e49093b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: