関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

4月3日 15:15
2014/03/26
12:29 M6.5 493km South of the Fiji Islands
----------------
久しぶりに平常値?0.3前後、4ヶ月ブリ?
2014/03/27
14:20 M3.8 10km 茨城県北部(36.8N 140.6E)
--------------
13時~16時 0.8前後の揺らぎ?
2014/03/28
13時~17時 0.7前後の揺らぎ?
2014/03/29 (土)
10:54 M5.3 0km 茨城県沖(36.4N 142.0E)
--------------
9時~19時 0.9前後の揺らぎ?
2014/03/30
04:28 M3.9 50km 茨城県沖(36.6N 140.9E)
12:23 M4.1 80km 千葉県北西部(35.8N 140.1E)
20:12 M4.8 20km 福島県沖(37.3N 142.2E)
2014/03/31
08:33 M2.6 119k 東京都皇居(35.682N 139.752E)
09:45 M3.1 10km 茨城県北部(36.7N 140.7E)
2014/04/01
01:15 M3.6 10km 茨城県北部(36.7N 140.7E)
06:37 M3.8 10km 茨城県北部(36.7N 140.7E)
08:02 M3.9 30km 茨城県沖(36.8N 141.2E)
--------------
13時~16時 0.9前後の揺らぎ?
2014/04/02
04:59 M3.5 10km 長野県南部(35.9N 137.7E)
08:46 M8.2 10km チリ北部沿岸(19.8S 70.8W)
--------------
11時~17時 0.8前後の揺らぎ?
2014/04/03
08:22 M5.3 70km 岩手県沿岸南部(39.2N 141.8E) 震度4岩手県大船渡市
10:58 M6.4 10km チリ北部沿岸(20.288S 70.587W)
11:43 M7.8 40km チリ北部沿岸(20.4S 70.1W)

去年11月25日からの現下前兆変動が余りに長すぎて、過去例に
無い展開ト成って居る事は此処でも何度とナクお伝えして来ました。
前兆変動と地殻変動の相関分析が大変な事も前回の再掲に書きました。
まして現在進行形の事態で在る事も、更に現実の判り辛さを増します。
上記↑チリ大地震を如何捉えるかを昨日終日悩んでいました・・・
中々結論が出ないまま悶々としていたのですが・・・ヤット観えました。
前々回から前回の前兆変動記録を観て貰えば判りますが、3月15日から
変動時間が其れまでの朝から夜までに対して、昼前後からに変わって居ます。
当観測の変動トリガーは経験則上、変動開始か其の終了から半月前後まで効く
モノ、として来ましたから、15日からの変化を、評価しないで来ました。
しかし、此の前兆変動のアル意味”減速”を変化点と考えれば、
3月17日のM7(2日目)と昨日のM8.2(16日目)は当に
当観測のセオリー通りと云う事に成ります。
つまり、変化点から半月前後、特に3日目前後(四川大地震‥)
15日前後(3.11・・)は大きな対応が発生し易いト云う経験則通りです。
まる4ヶ月以上続いて来た現下の変動は、其の前兆変動が減速しただけで
一連のチリ大地震を引き起こした、可能性が高いと観て間違いナイ様です。
だとすれば此れから起こるであろう、此の前兆変動の停止トリガーは
→必然、現状を超える大きな対応を引き起こすト考えざるを得ません。
リスク管理の要諦は、可能な限りの最悪を想定して其れに備える事です。
最終トリガーが引かれる前に、前兆変動の経験則が有効である事が
確認できた事から、此の9年間の観測経験は判断に使えるト観ます。

モハヤ石橋を叩いて居る場合では無いと考えます。
其れこそ何でも無かったらヘッポコ占い師の戯言ト
笑って安堵して頂ければ良しとして
当観測は失敗を恐れず・・・敢て・・・非常事態を宣言します。
現下の長期前兆変動の収束は、
最悪・・・M9前後の巨大地震を引き起こすト観ます。

【火山活動の可能性も含め、あくまで念の為、最悪に備えてください】
【南東部観測点の動きも収束傾向ですから、特に東京湾周辺に警戒か】
 今後、5月連休前後までに、(前兆減速半月から近日中に収束か?)
 関東圏を中心とする半径2万キロ圏内で、
 M8~9前後を想定します。

P.S.   りょうこさん 何時もコメント頂き ありがとうございます
    想像を超える事態が今起きて居るのかも知れません
    ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/755-41fc9ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/04 08:49)

大船渡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント【2014/04/04 08:49】
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: