関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

8月27日 10時
26日(日)は検知無しで、久しぶりの静穏でした。

今月は2日~9日にかけて「低レベルでの顕著前兆」
が続き、2005年東京湾群発地震ケースに近いので?
13日朝、これから3日前後、マグニチュード5~6
前後が発生ト書き→16日4時15分、千葉県東方沖、
マグニチュード5.3が発生しました。

結局、18日まで地震発生が続き、千葉の群発地震が
終わったのですが、今回の「低レベルでの顕著前兆」は
当にこの時期、18日から始まっています。

今回の前兆は千葉東方沖よりも更に2005年に近い?
のですが、群発から群発?というケースは、勿論、この
二年半の前兆観測では経験の無い展開です。

更に、22日観測の活発な南方震源パターンは未だに対応
が無い上?コレを全て同じ震源と見るべきか否か、南東部
観測点が殆ど無検知なのも併せて、ホント難しい限りです。

基本的に、コノ二年半の観測で積み上げたデータを参考に
して地震発生の予測をやって来ましたが、地震という大きな
自然現象の前には、コノ実績が余りにも小さすぎですかね。

南方震源パターンは今月6回発生して、その内5回が2日
以内に発生して居るのですが、未発生?の22日観測分は
ヨリによって最も活発な前兆なのが気がかりです。

現状、コノ「22日09:26データ」と「群発→群発?」
、過去一貫して北西部の数倍検知して来た「南東部観測点の
無検知状態」の3つの異常な現象が重なっています。

過去例の無いコノ様な状況ですから、何が起きているのか
或いは何も起きていないのか?さっぱり判らないと言うのが
正直なところです。

ソンなわけでして、今回はどんな結果が導き出されのか?
今後のためにデータをしっかり記録させて頂く事に、只々
専念するのみです。

一応、今現在考えうる、少しでも可能性が有りそうなケースを
以下想定しておきます。(こんな状況下、本当に参考程度です)

A 再度22日データを単独前兆とみなすと、発生済みの5件の
  前兆よりも今回はかなり活発な前兆なので、マグニチュード
  8前後の巨大地震が南方にてこれから発生する?
  残ったデータは単純に低レベルでやや顕著な前兆なので、
  関東南部圏にてマグニチュード5前後が今後1週間前後か?

B 同一震源である。北西部より約90Km南にある南東部観測点
  が殆ど無検知なのは、ソノ震源が近くに在り、何らかの減衰
  作用を及ぼしているから?で、22日データもソコからの
  何らかの減衰作用を受けた結果の前兆と考える。
  結果、関東南部圏にてマグニチュード6~7前後の地震が
  迫っている?

C 全くの新しい事態が起きているだけ?
  結果は何も無い事も含め、判らない?


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/78-8c7bf810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: