関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
4月20日 17時
2016/04/17
08:59 M7.8 19km エクアドル沿岸(0.371N 79.940W)
20:34 M3.8 80km 千葉県北西部(35.8N 140.3E)
7~19 基線低下(0?、8日目?)
2016/04/18
12:46 M3.9 10km 茨城県北部(36.7N 140.6E)
2016/04/19
19:05 M4.3 50km 千葉県北東部(35.7N 140.7E)
2016/04/20
10~17 基線低下(0?、11日目?)

今回の基本前兆パターンは当観測が基線低下ト云って来ているモノです。
此の初現ですが、2008年5月10日から基線低下が始まり、三日目、
12日の午後15時28分、中国四川省でM8の四川大地震が発生しました。
そして、この基線低下は6月10日まで続き、終って4日後の14日
朝8時43分、M7.2の岩手・宮城内陸地震が発生しました。
コレが代表的な基線低下変動の第一波と第二波のパターンでして、
以降何度も繰り返される事に成る、危険な広域シグナルであります。
必ずしも3~4日目に限定されず、始まりや終わりの、変化点から
半月前後まで、この磁場変動の衝撃を受けて、大地が動くと観ています。
今回18・19日と休み今日から再動してますが、14日休み開けの
15・16日の動きと鑑み、同様の変動トリガーが強く働くリスクが
懸念されます、目先ですが、あくまで念の為ですが要警戒が肝心です。

P.S.   にゃにゃさん 何時もお気遣い頂き感謝致します
    想像を超える事態が今起きて居るのかも知れません
    ご縁があって此処に集いし皆さんの安寧を願っています。

▲TOP
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/04/23 17:32】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/04/24 20:29】 | # [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/797-3c38ee66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。