関東地震前兆観測
~ 電磁波から地震を占う ~
前兆観測

最近の記事

Profile

○ 地震の発生前に、電磁波が発生すると云われています。
○ その電磁波を測定することで、地震の前兆を捉えられます。
○ 個人でも運用可能なシステムで、地震の前兆現象を観測する事ができるのか?
* コレは実験的試みであり、結果を保証するものではありません。
* 【無断転載禁止】

aska

Author:aska

ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
およよと驚く毎日

Archives

9月20日 17時
20日(木)16時現在
15:17 3、2、2、1.5X2
     (他に3ミリ未満3回)

南方大型地震パターンに近い型が出ましたので、
今後2~3日前後に、南方(フィリピン海プレート
近辺?)にて、マグニチュード6~7 前後を想定。
(但し、1点観測で近傍との切り分けは無理なので、
 確率は50%、下記現象の一部の可能性も?)

次に、今も続く低レベル顕著前兆?関連の整理です。
①8月18日頃から、2度3~4日の静穏を挿んで、
 一ヶ月以上前兆が続いている?
②ほぼ同時期(8月12日頃)から、南東部観測点
 にて殆ど検知無しの状態が続く?

当初、検知レベルが同時期に起きた千葉県群発地震や
2005年の東京湾群発地震パターンに似ていた関係
で、群発を想定しましたが、静穏を2度繰り返すなど、
どうも違うタイプかと?

アバウトに概観すると、微妙に群発パターンより弱い
(距離減衰?)。但し、期間が長いから→「強い」?

南東部観測点が東京都と千葉県に非常に近い所に在り、
迷わず2つの条件を結びつけたが、別現象の可能性も
排除しない方が、むしろ自然?

初現からの期間で括れる1つの単位が13日であり、
現実に1点観測(埼玉県北西部観測点)である事を
前提に、過去例から類推可能なケースを想定すると?
【あくまで、過去例無しの実験的考察です。】

A 初現+13日X3から、9月26日前後に、群発
  に近いパターンから、関東南部圏にて、複合地震?、
  マグニチュード5~6前後を想定。

B 9月26日前後、1点観測故、南部圏の反対方向
  である新潟県方面にて、複合地震?、距離減衰を
  考慮して、マグニチュード6~7前後を想定。

C ①②に何らかの相関が有り、今後も前兆が続く、
  → 関東南部圏にて、かなり大きな地震を想定?


▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jishinsite.blog106.fc2.com/tb.php/94-1ed1aa9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Counter

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

放射能ゼロ空間へ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: